5月1日号のi-cityニュース

○大型連休 田植えに汗流す
○IFCくノ一Go!Fight!Win! なでしこリーグ第6節 くノ一vsベガルタ
○どろんこスポーツ大会
○“うえのまちのええとこ”フォトコンテスト表彰式
○端午の節句 五月人形展
○水墨画 木工作品の2人展
●お知らせ
 ・二次救急実施病院の5月の担当割り

【どろんこスポーツ大会】

伊賀市柘植町で5月1日、田んぼの中でのどろんこスポーツ大会が開かれ
子どもたちが大いに楽しみました。

Still0501_00000

この催しはフットボールクラブFCアヴェニーダソルを運営する
NPO法人スポーツクラブどんぐりが主催し毎年開いているものです。

参加したのはアヴェニーダソルに所属する小学生と中学生などおよそ100人です。

子どもたちは5月7日に田植えを体験する予定で
それを前に5月1日には田んぼの中でさまざまなスポーツをしました。

Still0501_00001

これは自然との関わりの中で
子どもたちに食や、生命への意識を高めてもらおうと行われているものです。

またこの活動は学校や学年関係なく交流が出来るため、
チームとしてのつながりが深くなるいい機会だそうです。

子どもたちはリレーやサッカーなどをどろんこになりながら楽しんでいました。

Still0501_00002

参加した子どもは
「去年よりも田んぼの水かさが多くて動きにくかったけどとっても楽しかったです」
と話していました。

晴天のもと、この日子どもたちは元気いっぱい田んぼの中を駆けまわっていました。

5月1日(日)~5月6日(金)の番組Check!!

Still0430_00000キラッと☆元気印!!

伊賀地域で活動するサークルや団体を紹介します。
今回はダンスサークル「DANCE CIRCLE FIVE」を紹介します!

 

まんくの5月熱血サポーター宣言 マンスリーくノ一

選手の素顔やチームを支える人たちをさらに密着して紹介!
今回はMFの吉村碧選手と那須麻衣子選手を紹介します!
お楽しみに♪♪

 

名張青山 名張青山 歴史街道をゆく

「名張」「青山」の歴史文化を紐解き、さまざまな物語を掘り起こす番組。
企画には櫻井治男皇學館大学特別教授、松鹿昭二元名張市教育委員長が携わります。
制作:アドバンスコープ

 

【放送日】5月1日(日)午後7時から5月6日(金)午後6時まで
■毎時0分から「i-cityニュース」(20分)
■毎時20分から「キラッと☆元気印!!」(10分)
※毎週木曜日 午後7時20分からは「ナナちゃんの情報トレイン」(10分)
■毎時30分から 「熱血サポーター宣言 マンスリーくノ一」(15分)
■毎時45分から「名張青山 歴史街道をゆく」(15分)と繰り返し放送。

※途中別番組が入る時間帯がありますので、詳しくはチャンネルガイドなどでご確認ください。

4月29日号のi-cityニュース

○上野YEG忍×2パーク
○伊賀春季バレーボール大会 中学生の部
○2016うりぼうフェスタGW U12の部
≪ADS便≫福祉まちづくりセンター ミニ兜作り
●お知らせ
・伊賀市文化会館 開館25周年記念事業
 大阪フィルハーモニー交響楽団伊賀公演一般公募合唱団員募集について
★7ch番組情報

【上野YEG忍×2パーク】

上野丸之内のハイトピア伊賀多目的広場で
上野YEG忍×2パークが今年も開かれ
初日の4月29日には多くの人が訪れました。

これは、伊賀上野NINJAフェスタ期間中に
伊賀流忍者について知ってもらおうと
上野商工会議所青年部の主催で毎年開かれています。

Still0429_00000

今年設けられたゲームは巻物をつる「開運の奥義」
台車に乗って高得点の場所を狙って止まる「ギリギリストップの奥義」
ダーツの矢を風船にめがけて投げてわる「一撃命中の奥義」
上から転がる玉をキャッチする「捕球の奥義」
そして、上から落ちてくる棒をつかみとる「反射の奥義」の5種類です。

Still0429_00001

参加者は、忍者気分を味わいながらゲームを楽しんでいました。

参加者は5種類の中から3種類のゲームを選んで挑戦し
得点に応じて景品をもらいました。

景品は、オリジナルの缶バッジや手裏剣などさまざまな物が用意されていました。

Still0429_00002

大阪市から初めて参加した観光客は
「伊賀の忍者の体験ができてよかった。また、参加したい」と話していました。

 

4月28日号のi-cityニュース

○一年生を迎える会
○合同就職セミナー
○乗客を出迎えるかかし
○上野高校第20回定期演奏会に向けて
《ADS便》手づくりカレーで交流 つつじが丘・春日丘地区北サロン カレー亭
●お知らせ
 ・チャンネルガイド5月号
 ・IFCくノ一からのお知らせ
◆日本ケーブルテレビ連盟平成28年熊本地震義援金募集について

【一年生を迎える会】

伊賀市立中瀬小学校で4月28日
一年生を迎える会が開かれ児童が楽しい時間を過ごしました。

全員が体育館に集まると1年生を迎える会が始まり、1年生が自己紹介をした後
縦割り班ごとに分かれ2年生から6年生が1年生にメッセージカードを渡しました。

Still0428_00000

カードには「これからいっぱいあそぼうね」や
「勉強頑張ってね」などの言葉が書かれていました。

つづいて、みんなで「折り返しリレー」「宝運びリレー」
「ジェスチャーゲーム」などのゲームを楽しみました。

Still0428_00001

1年生を迎える会は、1年生に皆と仲良くなってもらおうと
6年生や児童会が中心になって計画をしてきました。

1年生の一人は「とても楽しかった」と話していました。

4月27日号のi-cityニュース

○平成28年度第1回三重県事業認定審議会
○振り込め詐欺等撲滅員委嘱状交付式
○友生小学校で避難訓練
○伊賀スポーツダンスクラブ 春のダンスパーティー
○今月の花~4月~
●お知らせ 伊賀線まつり2016開催について
●お知らせ ミホミュージアム春季特別展 チケットプレゼント
●お知らせ 日本ケーブルテレビ連盟 平成28年熊本地震義援金募集について

【平成28年度第1回三重県事業認定審議会】

新しい市庁舎移転のために伊賀市が進めている庁舎整備事業。

伊賀市が作成した事業認定申請書について異議を訴える意見などがあったことから
4月13日には県が主催する公聴会が開かれ、様々な立場の市民が意見を述べました。

そして25日には、公聴会で出た意見をもとに
第1回目となる三重県事業認定審議会が津市で開かれました。

Still0427_00001

審議会は大学の教授、建築士、弁護士などの有識者による第三者機関で
2002年度に設置。

事業認定申請に対する異議を受けての審議を行うのは初めてです

伊賀市四十九町の新庁舎建設予定地は2万2,004.5㎡。

そのうちおよそ7割にあたる15,694㎡は民間から買い受ける予定の土地で
市が所有している土地と県から購入予定の土地もあります。

Still0427_00002

伊賀市新庁舎の場合、取得用地に含まれる農地を転用するため
土地収用法の事業認定を受ける必要性があるとしています。

この審議会は市民から反対意見があって開かれたものであることから
三重県情報公開条例第43条 第2項の
「会議を公開することにより会議の円滑な運営に著しい支障が生ずる」と認められ
「非公開」で行われました。

担当者によるとこの日の審議会では
委員が疑問に思っていることを議論したり公聴会で出た意見の確認をするなどしたそうです。

なお、継続審議されることも決まり
次回は6月13日に開かれる予定だということです。

4月26日号のi-cityニュース

○ジュニア・サミットin三重~伊賀地域を訪問~
○だんじり会館 だんじりの入れ替え
○天神さんのはるまつり
○伊賀北ライオンズクラブ結成30周年記念例会
●お知らせ
 ・Night Library and Museum~キラキラとともに~

【ジュニア・サミットin三重~伊賀地域を訪問~】

5月26日と27日に開かれる伊勢志摩サミットの関連行事
「ジュニア・サミットin三重」の参加者が4月25日、伊賀地域を訪れました。

「ジュニア・サミットin三重」は
日本・アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリア・カナダの
先進7か国から高校生4人ずつ計28人が参加し
環境保全など国際的な課題について若者の視点で議論します。

4月22日から28日までの期間中はさまざまな行事が行われます。

そして、25日には県内分散型体験・交流行事として7人の参加者が伊賀地域を訪れました。

最初に訪れた伊賀市上野丸之内の伊賀流忍者博物館では
どんでん返しの説明をうけた後参加者は実際に体験しました。

Still0426_00000

この交流行事は、ジュニア・サミットの参加者が
三重の美しい自然や豊かな伝統・文化などを体験・体感するとともに
県内高校生をはじめ県民との交流を深める事を目的に行われました。

この行事は、県内4つのコースに分かれておりそれぞれのコースに各国の代表一人ずつが参加し、
その地域の高校生が案内役をつとめました。

その後、一行は名張市赤目町長坂の赤目四十八滝を訪れ、
滝の中でも比較的大きな滝の一つである布曳滝を見たり
日本サンショウウオセンターではオオサンショウウオの説明をうけました。

Still0426_00002

Still0426_00004

この日参加者は、伊賀地域の高校生7人に案内してもらいながら
伊賀の魅力を十分味わった様子でした。

4月25日号のi-cityニュース

○伊勢志摩サミット盛り上げ隊
○子育て相談広場事業「にんにんパーク」オープン!
○2016うりぼうフェスタGW U10の部
○花垣の八重桜を滋賀県の北船木歴史研究会一行が視察
○伊賀市文化会館開館25周年記念事業MOVE

【伊賀市文化会館開館25周年記念事業MOVE】

伊賀市文化会館の開館25周年を記念して
23日と24日に記念イベントの「MOVE(ムーブ)」が行われ、多くの人でにぎわいました。

Still0425_00000

このイベントは、伊賀市文化会館を管理・運営をする
公益財団法人伊賀市文化都市協会が主催したもので
文化会館の開館25周年を祝うと共に
その先の25年をめざして新たに出発する事を目的に行われました。

オープニングを華々しく盛り上げたのは
伊賀市内で活動するダンスチームが集結して行われたイベント
「DANCE(ダンス) DANCE(ダンス) DANCE(ダンス)」

Still0425_00001

この記念イベントのテーマは「動き出す」。

来場者にワクワクを届けようと
館内のいたるところで楽しいイベントが行われました。

こちらでは風船で出来たドレスに着替えるコーナーが設けられ、
お姫様に変身した子どもたちがとてもうれしそうにポーズをとっていました。

Still0425_00002

また、会館前のエントランスでは突然ダンスパフォーマンスが行われました。

Still0425_00004

 午後4時過ぎからは砂絵のパフォーマンスや、プロジェクションマッピングなどが行われました。

Still0425_00003

Still0425_00005

そして2日目の24日は「きゃらきゃら伊賀の乱」で幕を開け、
いが☆グリオくんをはじめ県外のご当地キャラクターなどおよそ30体が登場し
ステージを盛り上げました。

Still0425_00006

2日間行われた記念イベント「MOVE」はおよそ三千人が訪れ、大いに賑わいを見せました。

4月24日号のi-cityニュース

○愛宕神社春祭りで忍者行列巡行
○第87回 伊賀地区メーデー
○忍者の史跡巡りと陶芸体験
○上野東ロータリークラブ 35周年記念講演会
○上野サッカースポーツ少年団 交歓リーグ戦U12 開幕!
○新大仏寺の御衣黄咲き始める
《速報》くノ一vs日テレベレーザ

【愛宕神社春祭りで忍者行列巡行】

伊賀市上野愛宕町にある愛宕神社の春祭りが23日に行われ、
忍者が行列するなど忍者の祭典として生まれ変わりました。

行列は「阿多古忍之社神賑い行列」と言い
伊賀市上野忍町の赤井家住宅から出発しました。

Still0424_00000

阿多古忍之社は、愛宕神社に新しく設けられた
神様を祭る社のことで、そこまでのおよそ500mを
御渡りしました。

行列には愛宕神社奉賛会の会員や地区の子どもたち、
伊賀流忍者サークル伊賀之忍砦や伊賀上野NINJAフェスタの
じゃんけん忍者隊のメンバーなどが参加しました。

今年初めて行われたこの行列。

毎年4月25日には上野天神宮の春季例祭で
神輿行列が上野の町を南北に御渡りしていましたが、
今年から交通事情の問題などで中止となり
代わりに地域を盛り上げる行事を行いたいと始められました。

神輿が鳥居をくぐり愛宕神社に到着。

そのあと拝殿で神事が執り行われ
新居 遠一宮司が祝詞をあげたあと浦安の舞が奉納されました。

その後境内に設けられた忍之社でも神事が執り行われました。

Still0424_00002

最後に伊賀忍者特殊軍団 阿修羅による
伊賀流忍術抜刀道の奉納が行われました。

愛宕神社は1616年4月23日の建立と伝わっており
ちょうど400年目の記念日となったこの日、
多くの人が訪れ忍者を尊ぶとともに祭を楽しんでいました。Still0424_00003

 

4月22日号のi-cityニュース

○安楽院のボタン見ごろ
○いが見守り支援員養成公開講座
○市内の料亭に人型ロボット Pepper参上!
○三重県総合博物館 Mie Mu 新館長にインタビュー
○春一番 押し花展
《ADS便》若手消防職員が考え発表 三重県消防本部 意見発表会
◇7ch番組情報

【いが見守り支援員養成公開講座】

地域住民の見守りを行う「いが見守り支援員」の養成公開講座が
21日、伊賀市川合のあやま文化センターで行われました。

Still0422_00000

これは、専門的な知識を身に付け見守りを行う人を養成しようと、
伊賀市社会福祉協議会が平成22年3月から行っている取り組みです。

いが見守り支援員は10月と3月に行われる予定の
基礎講座を1回受講、そして20時間程度の専門講座を
受講した人が認定されます。

この日は平成27年度3月分の基礎講座として行われ、
伊賀市社会福祉協議会から支援員の活動について。

また伊賀市から市の介護予防の支援事業などについて
話されました。

いが見守り支援員は平成27年10月現在
市内に802人が認定されています。

認定までに災害ボランティアや認知症支援など
6つある専門講座を受講することから、
得た専門的な知識を各地域に広め見守り活動に活かすことが
役割の一つです。

Still0422_00001

この日は200人が受講し見守り活動や地域福祉について
学んでいました。

4月24日(日)~29日(金・祝)番組Check!!

かんぱに~あつまれ!この街 かんぱに~☆

伊賀で頑張っている会社を紹介する番組!仕事内容はもちろん、仕事に対する熱い思いも語っていただきます。今回は「花咲かりん」を紹介します! 

 

伊賀の宝10月伊賀の宝 見ぃ~つけた!!

番組では毎回テーマを変えて「地域の宝」の魅力に迫ります。今回は「公園の巻」をお届けします!!お楽しみに♪♪

 

 

Still0414_00000HappyガスでCooking!

今回は「中国風おやつ麻花」を紹介!ガスの便利と安心機能を使えば簡単手軽に中国風おやつを作ることができます!!

 

 

■毎時0分から「i-cityニュース」(20分)
■毎時20分から「あつまれ!この街 かんぱに~☆」(10分)
 ※毎週木曜日 午後7時20分からは「ナナちゃんの情報トレイン」(10分)
■毎時30分から 「伊賀の宝 見ぃ~つけた!!」(15分)
■毎時45分から「HappyガスでCooking」(15分)と繰り返し放送。
  ※途中別番組が入る時間帯あり。